葬儀相談案内センター 信頼性を重視した葬儀社提携基準に基づき、葬儀社紹介〜葬儀のご相談に乗っております。
サポート地域はこちら
お困りの点や、ご不安な事柄をお持ちの時、またご決断できない時など、葬儀相談案内センターへお気軽にお問い合わせください。皆様のご希望・ご要望をしっかりと受け止めサポート致します。
■あなたの携帯へアドレスを送信
QRコードの読込みができない方は、携帯アドレスを入力して送信して下さい。

危篤 臨終 安置・葬儀社との打ち合わせ 納棺の儀式
通夜・通夜振舞い 葬儀・告別式・出棺 火葬・収骨 精進落とし

主治医から危篤の告知がありましたら、家族や故人が会いたがっていた人、合わせたい人に連絡をとります。深夜でも緊急のことですので「深夜に申し訳ございません」と一言添えて連絡を取りましょう。動揺をしている状態でので、電話でお伝えをするときは、病院名・住所・電話番号を間違えないように相手に伝えましょう。電話がつながらないときは、電報(115番)かFAX若しくはメールという方法もあります。病院ではむずかしいので代わりに伝えてくれる方にお願いをします。

依頼する葬儀社の選定
この時点で依頼する葬儀社を決めて、お話をされておかれると万が一のときにも対応していただける葬儀社が病院までお迎えにきてくれますので安心です。


故人様の安置をする場所
病院も長い間のご安置は出来ません。安置場所を決めておく必要があります。主に自宅か斎場どちらかになることが一般的です。物理的に自宅安置が出来るのか出来ないのか分からない場合には葬儀社に相談をしてみましょう。その際にはご自宅の間取り・集合住宅であれば階数やエレベーター(あれば)の大体の寸法を伝えると葬儀社がスムーズに判断が出来るかと思います。(安置が自宅ということで決定をした場合には、故人様がお休みになるお布団を準備しておいて頂きます)


臨終を迎えると、看護婦・看護士が故人様の処置をしていただけます。その間に、家族や葬儀社へ連絡を入れるようにします。 担当医師に死亡診断書を書いていただき、受け取ってください。この死亡診断書は火葬に必要な書類になってきますので大切に保管をされてください。 また、コピーを何部か取っておかれると後に必要になった場合にも安心です。

葬儀社への依頼(葬儀社依頼する時に伝えること)
●問い合わせの方の名前 ●病院名 ●住所 ●故人の名前 ●搬送先の住所


自宅(若しくは斎場)に安置をしますと、故人様にドライアイスを当てます。 それから、葬儀社との打合せになります。(深夜の場合には次の日に打合せになります) 心身ともにお疲れの時だとは思いますが、葬儀社との打合せがこれからの葬儀を左右します。 自分たちの希望をしっかりと伝えて、見積もりも併せてとってもらうようにしましょう。 動揺もしているときです。一人冷静な方を打合せの場に立ち会って頂くと良いかとおもいます。

葬儀社との打ち合わせ内容
・葬儀をあげる場所の確認
・火葬・通夜・告別式の日程を決定
・どのような葬儀にしたいのか葬儀社へ伝える
・親族の人数の確認
・弔問にこられる方の大体の人数
・見積もりの作成をしてもらう

葬家で用意をしておくこと
菩提寺への連絡
●遺影の準備ずっと残る写真になります。故人がハッキリと素敵なお顔で写っているものを準備されておかれてください。
●副葬品の準備 故人の好きだったものを入れて差し上げてください。ただし、棺に入れられるものと入れられないものがあります。葬儀社へ相談されてください。
●世話役選定通夜・告別式と受付やお手伝いをしていただける方にお願いをします。弔問の人数によっても依頼をする人数も代わってきます。葬儀社に相談してみましょう。


ご遺体の状態にもよりますが、一般的に通夜の前日・若しくは通夜当日に納棺を致します。故人様が最後に眠るお布団になります。家族の皆さんで納棺をされることをお勧めします。このときに、副葬品をお入れいたします。


斎場若しくは自宅にて通夜・告別式を営みます。葬儀の流れは、葬儀社から開式前に葬儀の流れの説明があります。不明なことは開式前に葬儀社担当者に伺うといいでしょう。 現在では一般的に通夜に弔問客が来るのがほとんどです。弔問客には出来るだけ焼香が終わりましたら通夜ふるまいをしていただきましょう。 弔問客全員焼香が済み、僧侶が祭壇前から退席をしたら、遺族も通夜ふるまいの席へ移動し、そこで故人の代わり、感謝の意を述べます。 通常1時間くらいで切り上げるようにします。


告別式は、故人の遺族・友人・知人が最後のお別れをする時間です。 心ゆくまでお別れをされてください。 出棺前にお別れをして、喪主の挨拶となります。 その後、喪主や遺族の中で血縁の濃い人が位牌・遺影をもちます。また、収骨の祭に必要な骨壷と桐箱・覆いを忘れないように持っていきます。


火葬場に到着をしたら、火葬許可書を提出します。(一般的には葬儀社が代行でしていただけます)霊柩車から棺を出して火葬炉に運びます。喪主以下全員で焼香・合掌をいたします。このときに僧侶に経を上げていただくことも出来ます。
火葬をしている間は休憩室で待機します。 お骨上げになりますと、案内が入ります。お骨を上げるときは足元から二人一組で骨壷に入れるのが一般的です。終わりましたら、火葬場から埋葬許可書を頂いて帰ります。(基本的に骨壷の中へ埋葬許可書を入れてくれます) ※埋葬許可書は納骨のときに必要な書類です。大切に保管をしておかれてください。


収骨が終わりましたら、僧侶・世話役・親族で精進料理を召し上がります。 (場合によっては火葬中に精進落しをするケースもあります。) 精進落としは、故人を偲ぶことももちろんですが、お世話になった僧侶・世話役に対して慰労する意味もあります。席次は僧侶や世話役を上座に遺族は下座に着きます。 喪主はこの席でお礼の挨拶をします。

僧侶が精進落としを辞退したばあいには?
僧侶が精進落としの料理を辞退した場合には御膳料として5千円位を包んでお渡しします。世話役やお手伝いの人にも「寸志」「お礼」という形で心づけを渡します。



copyright © 2006 葬儀相談案内センター All Rights Reserved.